【大分県:やまなみ】大分県立社会教育総合センター九重青少年の家キャンプ場

アスレチックが充実!自然体験へ Let’s go!

子供たちが思う存分自然とふれ合える施設。31基ものアスレチックの他、ひんやり川遊び場やプラネタリウム、展望台も!
思わずココロとカラダが動き出す、ワクワクドキドキ体験!

≪施設の特徴≫

自然体験活動&環境学習に絶好の場所!
阿蘇くじゅう国立公園の中に位置しているから、大自然を五感で感じられ、開放感も抜群!

冬もオススメ!オンリーワンの社会教育施設
標高935mという高原にあるため、星の観察・気圧の変化等の理科学習にも◎冬季は積雪する日も多く、雪合戦や雪だるまづくりなどの北国の体験も!

珍しい季節の花・植物を愛でよう。
四季折々の珍しい希少動植物を観察できる貴重な経験も。(※下記写真「サクラソウ(5月上旬頃)」

※画像引用:https://www.pref.oita.jp/site/kokonoe/

施設詳細≫

名称大分県立社会教育総合センター九重青少年の家キャンプ場
住所大分県玖珠郡九重町田野204-47
TEL0973-79-3114
URLhttps://www.pref.oita.jp/site/kokonoe/2000170.html
駐車場100台  無料
乗入れ不可
アクセス●バスでお越しの場合
JR豊後中村駅から筋湯・九重登山口・牧の戸方面(九重横断線 九重青少年の家前バス停下車)行きコミュニティバスがあります。「豊後中村駅」から「飯田交流センター」経由です。
●車でお越しの場合
・日田方面から車でお越しの方:「大分自動車道・九重IC」で降りて、「四季彩ロード」を通るルートがおすすめです。
・大分・別府方面から車でお越しの方:「大分自動車道・湯布院IC」で降りて、「やまなみハイウエイ(九州横断道路)」を通るルートがおすすめです。
「九重IC」から車で約30分、「湯布院IC」から車で約40分です。
環境林間
対応
ロッジ・ログハウス・コテージ
サイトの地面:芝
料金≪キャンプ場使用料≫
・310円
※保育士・教職員は料金が異なります。詳細はお問い合わせください。
≪宿泊棟使用料≫
●県外の方
・1,250円(一人一泊)
●県内の方
・1,900円(一人一泊)
●他、発生するもの
・入湯税:100円/シーツ・クリーニング代:200円/暖房費(11月~3月)80円
※保育士・教職員は料金が異なります。詳細はお問い合わせください。
≪施設費用≫ ※日帰り使用の場合
●小学生未満の子どもの団体/県内の小・中学生の団体は無料
●本館研修室・視聴覚室・スタードーム棟(1時間使用料)
・県外の小・中学生の団体/高校生・青少年団体は、220円
・その他の方 450円
※別途、11月~3月は暖房使用料が発生します。
●第1・2各研修室(1時間使用料)
・県外の小・中学生の団体/高校生・青少年団体 70円
・その他の方 110円
※別途、11月~3月は暖房使用料が発生します。
●プレイホール(1時間使用料)
・県外の小・中学生の団体/高校生・青少年団体 400円
・その他の方 790円
※別途、11月~3月は暖房使用料が発生します。
●プラネタリウム(お一人様1回)
・県外の小・中学生の団体/高校生・青少年団体 110円
・その他の方 230円
★合宿の方は、他に食費等もございます。
レンタル
営業通年営業
※キャンプ場では、夏季にテント(定員5人)を50張り設置しており、7月1日~8月31日での利用が可能です。
定休日12月29日~1月3日
IN/OUT8:30~17:15
カード不可
場内
設備
宿泊施設 ・研修施設・お風呂 シャワー・ ウォッシュレット式トイレ ・食堂・炊事棟・ バリアフリー
注目バーベキュー (BBQ)天体観測・星空 ハイキング クラフト体験
その他野外炊飯の食材は、基本ご利用者の持ち込みとなりますが、カレー食材のみ、本館食堂に発注できます。※詳細は、お問い合わせください。

≪MAP≫

施設経営者の方へ

関連記事

  1. 【鹿児島県:垂水・大隅】下小原池公園

  2. 【熊本県:阿蘇】マゼノ共和国 甲の瀬ファミリーキャンプ場

  3. 【鹿児島県:垂水・大隅】くにの松原キャンプ場

  4. 【宮崎県:宮崎・青島・日南】祇園滝キャンプ場

  5. 【大分県:宇佐国東】森のおと-空飛ぶテント*空中泊施設-

  6. 【宮崎県:宮崎・青島・日南】赤池キャンプ場※今期の使用休止