冬の九州 デイキャンプのススメ

寒い冬こそ、実はキャンプ好きにはたまらないシーズンって知ってましたか?
美しい星空や、鍋やスープなどのあったかい料理を大自然の下で食べるととても美味しく感じてしまいます。

今回、日帰りで楽しめるおすすめのキャンプ施設をご紹介!アウトドア初心者でも気軽にデイキャンプが楽しめるキャンプ場ばかりなので、冬の素敵な思い出をつくりに行ってみてはいかが?


冬こそ行きたい!デイキャンプ~九州編~

①【熊本県:阿蘇】ファームビレッジ産山オートキャンプ場


壮大な阿蘇五岳やくじゅう連山などを一望できるような最高のスポットにあるキャンプ場。

オートキャンプ場やカントリー風のロッジで楽しめるバーベキューも大好評!電源や給水施設も充実。
施設周辺には、そばソフトクリームやそば打ち体験などが人気の「道の駅 波野」や、
大きな発電風車が目印のうぶやま牧場などのスポットもあるので要チェック!

レンタル費も、デイキャンプ1人(キャンプサイト利用、3歳以上)330円とリーズナブルな点もオススメです。

公式ホームページ

②【熊本県:阿蘇】ゴンドーシャロレーオートキャンプ場

運がよければ、美しい雲海を眺めながら満喫できる阿蘇のキャンプ場!

公園エリア・別荘エリアに分かれ、区画サイトが約65サイト、フリーサイト(全長50メートル以上)と4か所あり、季節や天候に応じていろいろなスタイルのキャンプが楽しめるのもポイント。

全てのサイトがオートサイトで車の横付け・乗り入れも可能!

料金は、デイキャンプ大人1000円、小学生500円、幼児300円で利用できますよ。 

公式ホームページ

③【大分:やまなみ】久住高原オートビレッジ

西日本最大級のサイト数!大パノラマキャンプ場

日本自然保護協会の「ネイチャーイン」認定のお墨付き!

雄大な阿蘇五岳やくじゅう連山を眺めながら、気持ち良く過ごせる高原キャンプ場です。
ドックランも併設されており、ワンちゃんも一緒にいけるもの嬉しいポイント。
思いっきり遊んだ後は、満天望温泉にはいってゆったり温まりましょう。(予約必須)

ショップも併設されており、地元の特産品のほか、オリジナル商品なども充実!

料金は過去に記載がありましたが、詳細は直接問い合わせてみてくださいね。

【ディユース(1サイト)】※2016年時点
・電源なし2500円(税別)
・電源付(20A)3000円(税別)

公式ホームページ

④【大分県:やまなみ】城ヶ原オートキャンプ場園キャンプ場

無料の天然温泉付きという嬉しいキャンプ場。

テントサイトには電源つき、適度に隣と距離が離れているため、快適にキャンプを楽しめます。

芝生の広場内には遊具もあるため、お子様連れも安心です!

気になる料金はコチラ

◆管理費(3才以上):1人1泊 410円(デイキャンプの場合は200円)
◆オートキャンプサイト:1区画1泊2,090円+入湯税(中学生以上)お1人につき70円
◆キャンピングカー:1区画1泊2,610円+入湯税(中学生以上)お1人につき70円

公式ホームページ


まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、4つご紹介しましたが、まだまだ九州には自然豊かなキャンプ場がたくさん!

寒い冬こそ、デイキャンプに遊びにでかけてみませんか?


※感染症の影響もあり、営業時間等が変動している場合もあるため、
最新情報は、事前に確認してから出かけることをおすすめします。

※出典写真はキャンプ場に関する写真の外部リンク集です。各キャンプ場を検索し、自動抽出した結果ですので、キャンプ場に関連しない写真が含まれる可能性がございます。ご了承ください。

ライター:アヤカ

▼関連記事