キャンプ女子必見!九州で訪れたい女子会キャンプ場5選!

少し前まではキャンプといえば、どちらかというと男性的イメージがあったのではないでしょうか。

しかし、今ではキャンプ女子という言葉が生まれる程に、女性にもキャンプの人気が広がってきています。

ソロで楽しむ方もいれば、友人同士で集まって楽しむ方もいることでしょう。

今回は九州に多く点在するキャンプ場の中から女子会でも使える、大人女子におすすめしたいスポットをご紹介したいと思います。

1.【大分:やまなみ】COMOREBI

2019年にオープンしたばかりの大分のキャンプ場ですが、至れり尽くせり感が半端ないです。

テント内の空調完備にはじまり、オールハンドメイドの家具、最高級家具のシモンズベッドが設置されているなど、まるでリゾートホテルを感じさせるような贅沢なキャンプを味わえる空間は、これまでになかったと言えるかもしれません。

設備も充実しており、楽しみ方は十人十色。

今年の9月からは愛犬とお泊りできるプランも新しくでき、愛犬家の皆さんにとっても通いやすい施設になっています。可愛い愛犬を残して旅行に行けないと悩んでいた皆さんには朗報ですね。

さらには湯布院らしく、温泉まで楽しめるのだから本当に至れり尽くせり!

アメニティにもこだわりがあったり、入浴後に楽しめるドリンクもあったりと、本当にリゾートホテルのようですよ。

ここまでくると、キャンプというよりは大自然を感じる贅沢な宿泊体験とでも言ったほうが良いかなと…。

自分へのご褒美や特別な日に是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

オフィシャルサイト

2.【福岡】ぶどうの樹グランピング福岡~海風と波の音~

ふくま海岸の海辺に位置するリゾートチックなグランピングキャンプ場。
海で遊ぶも良し、皆でBBQを楽しむも良しのオススメスポットです。

注目は女子会プランを用意している点。
予算にあったプランを選べるのも人気がある証です。

3人集まればグランピング女子会なんて言葉がこれからの流行語になるかもしれないですね。(ならない)

大人女子だけの特別な空間で、日ごろの疲れを癒し、最高の休日を過ごされてみてはいかがでしょうか。

写真の通称タケノコテントはなんと冷暖房も完備!

自然の息吹を感じながらも、とても快適に過ごすことができるんです。

旅館やホテルとも違う、贅沢な宿泊体験を味わうことができますよ。

オフィシャルサイト

3.【熊本:黒川】アソキャン

熊本県阿蘇に位置する大自然に囲まれたキャンプ場。

ここの注目ポイントは何といっても初心者にも優しいことです。
充実した設備に加え、熊本市内から1時間の好立地なのはキャンプ好きには外せないポイントです。

コテージもしっかりしているので、これからの寒い時期にも温まりながらキャンプを楽しめること間違いなしです!
予算に応じてコテージもテントサイトも用意しているので、1度と言わず何度でも訪れてみたくなります。

キャンプ初心者の方にこそ一度訪れてほしいキャンプ場になります。

コテージにはデッキも付いているので、バーベキューなどに使うことができます。

ここで仲間たちと談笑しながらゆったりとした時間を過ごしたいですね。

オフィシャルサイト

4.【大分:日田耶馬】スノーピーク奥日田

キャンパーにはおなじみ、スノーピークさんの直営店併設のキャンプ場。

商品売り場にズラリと並ぶ、お洒落なスノーピーク商品を見ているだけで楽しいのですが、こちらの売りはそれだけではありません。

初心者や女子に優しいポイントは、手ぶらで行っても全部レンタルできちゃうところ!

あまりキャンプへ行かないのに、ギアを購入するのもハードルが高いですから、複数人で行ってレンタル費用を割って楽しむのも良いんじゃないでしょうか。

夜景や景観の素晴らしい、大自然の中という点もポイント高いです。

キャンプサイトは、きっちり綺麗に整備されているので不快感はなし!

電源類もきっちり揃っていますので、快適に過ごせます。

あまりキャンプに慣れていないけど、体験してみたいという方にちょうど良い施設ですね。

オフィシャルサイト

5.【大分県:宇佐国東】長崎鼻ビーチリゾート

海まで徒歩10秒、SUPなどのアクティビティありなど、海で遊ぶならこのリゾートがおすすめ。
綺麗で雄大な海を存分に楽しめます。

ちょっと珍しいのが、キャンピングカーでの宿泊というところ。

仲間内でワイワイ楽しむキャンプを探している方には、距離が身近に感じられて良いですよ。

ここも、BBQ機材などがそろっているので、手ぶらでも楽しめる施設です。

このキャンピングカーの向かいに海が広がっています。

海で遊んで、すぐにキャンピングカーで休憩して、という風に便利に使えますね。

なんだかアメリカンな気分になれるんじゃないでしょうか。

オフィシャルサイト


終わりに

いかがでしたか。

初心者向けからワンランク上のものまで編集部が注目するキャンプ場を紹介させていただきました。

オススメのキャンプ場を探してみてはいかがでしょうか。

ライター:April

▼関連記事