キャンプ初心者におすすめ情報★冬用テントの選び方

冬は
キャンプ好きな方々にはまた違うキャンプを楽しめる季節です。

でもまだキャンプを始まったばかりですと
すごく心配されてる方々も多いと思います。

暖房器具などの用意も重要ですが、
テントが冬向けではないと幕内が暖まらないのでテントの選択がとても重要です!

冬キャンプを楽しむための
テント選び方を簡単に紹介します♪


まずはテントの素材をチェック!

冬のテントを選ぶには結露を考えなければいけません。
なので通気性がいい、コットン混紡素材のテントを選ぶことが大事です。

そして「4シーズン用テント」なのかチェックしましょう。
一般的なテントは「3シーズン用テント」として作られているので
素材などが夏に使用されることに重点を置いてます。
雪が積もると耐えることができないので「4シーズン用テント」なのか
確認して使いましょう!


テントの広さ&構造

■広さ

冬は寒いので暖房器具をテントの内に入れることが多いです。
そして荷物をテント内に置くことが多いので春、夏、秋に使うテントより
スペースに余裕を持ったテントを選ぶことをおススメします。
広すぎると暖房しにくくなるので人数、荷物などを事前にチェックして
選ぶといいでしょう。

■構造

ワンポールテント&2ルームテント この2つが冬キャンプで最も使われている形。

まずワンポールテント
設営が他のテントより楽なのでソロキャンプやキャンプ初心者の方にも人気です。
そして風にも強いので冬キャンプ用としもいいですね。
なにより、、比較的安いです!

2ルームテントは4シーズン中使えるテントです。
少し設営に手間がかかりますが、フルクローズすると
テント内を暖かく保ちやすいし、風もシャットダウンするので
冬の寒さ対策として抜群のテントです。


使用後の注意点

■Tip&注意点

✔ テントの中の保温性を高めるためには
スカートがついているテントを選びましょう!

テントのフライシートから地面まで伸びているのがスカートですが
このスカートがついているとテントの中の空気が外へ漏れにくくなります。

✔ 換気をして結露を予防
外とテントの内部の温度差が大きいので結露が発生しやすい冬キャンプ。
結露を防ぐための慎重な素材選択なり、暖房なり必要となりますが
完璧な対策ではないので
定期的にテント内部を換気をして、結露を少しでも減らしましょう。

✔ キャンプで使ったテントはちゃんと乾燥させましょう。
結露、雪などでテントが濡れることがあります。
濡れたテントをそのまま放置するとカビの原因にもなるので
使用後にはしっかり乾燥させ、保管することが重要です。

テントはキャンプ用品の中でも高価なものの一つなので
注意して扱うといいでしょう!


おわりに

いかがでしたか?

今回は冬キャンプに必須な冬用テントを紹介しました。

冬キャンプは他の季節のキャンプとはまた違う魅力があるので
しっかり用意して楽しく冬キャンプを過ごしてみてください!

ライター:Ming。

▼関連記事