【キャンプ初心者必見】キャンプで楽しむ焚き火に必要なものを紹介します

キャンプ!と言えば一番最初に思い浮かぶ焚き火!

焚き火を燃やして、何も考えずに火をひたすらぼうっと見ているだけで癒される、
これがまた焚き火の魅力でしょうー!

焚き火は日常では中々実施が難しいので
キャンプ場で十分楽しむために、知っておくとやくに立つ
焚き火に準備物リストを紹介します♪


焚き火を楽しめるために必要なものは?

①焚き火台

キャンプ場でもその辺の地面でいきなり焚き火します!といって
できることではありません!

実は私本人もそう思っていたのですが
最近、ほとんどのキャンプ場では地面に直接火をつける、
直火は禁じられているところがほとんどだそうです。

なので焚き火台はほぼ必須品。

最近は携帯性もよくて価格もそれほど高くないものも多いし
料理にも使える形の焚き火台もあるので
安全に焚き火を楽しむためにも用意しましょう。

②薪

火を燃やすために必要なのは薪!

キャンプ場周辺に落ちている木ですればいいだろうーって
思っている方々もいらっしゃると思います。
まぁ、、できなくはないですが熾火にはなりませんので
ちゃんとした焚き火を楽しむためには薪を用意した方がいいですね。

薪は普段キャンプ場で購入ができるところが多いですが
ネットやホームセンターなどでも購入ができます。

薪に水分がついてることもあったりすると煙がでるので
きちんと乾燥させたものを用意しましょう!

③着火道具。ライター、マッチ、トーチ

次に火をつけるためには着火道具が必要ですね。

家庭でも持っているライターがありますね。
普通のタバコようのライターよりは
長いライターをお勧めします。(100均でも購入可能)

水が濡れているところで、そして風が強いところでも使える装備、
ファイアースターターもありますので
今後もよく使われる方々は別途購入することも良いと思います。

ファイアースターター

そしてその他にもガスを使う、ガストーチ、ガスバーナーでも
着火はできます!

自分の持ち物を考えて用意しましょう!

④新聞紙、など 火だね・着火剤

ライターで薪に直接火をつけようとしても
そう簡単に火はつけません!

火をつけるために必要なのが着火剤ですね。
着火剤としては枯れ葉、新聞紙を使うのが一番安く、簡単にできると思います。

着火剤を真ん中に置いて、その上に
中間サイズの薪を組んだ後、着火剤に火を付けます。
火が中間サイズの薪にちゃんと移り、安定してきたら
その後に大きいサイズの薪を置くようにしましょう。

その他:⑤火ばさみ ⑥手袋

火ばさみ

安定している焚き火に新しい薪を入れたり、
薪を動かしたりする時に使います。

手袋

焚き火を準備する時に使います。
焚き火台を動かす時とか、火ばさみがあっても
安全のために手袋を着用すると良いでしょう。

軍手を使っても薪のとげに刺されたりするので
革のものが一番いいですが用意が難しい場合でも
軍手は必ず用意しましょう!


まとめ

いかがでしょうか?

もっとキャンプを楽しくしてくれる焚き火!

上記のものをちゃんと用意して
安全に、楽しくキャンプファイアをしましょうー!

ライター:Ming。

▼関連記事